HOME カリキュラムセンター 研修講座・公開講座 教育相談センター ITを活用した授業 支援教育
 
神奈川県立総合教育センター 平成19年度
神奈川県内で採取できる火山灰等
 
 神奈川県内で観察できる主な火山灰等を紹介します。火山灰は、含まれている鉱物等にそれぞれ特徴があり、地層を対比させたり、堆積した時代を調べたりする手がかりとなる鍵(鍵層)になります。

○ テフラ 〜火山の噴火のときに、吹き飛ばされて、風によって運ばれた火山灰や火山岩塊のこと。
○ 火山灰 〜テフラのうち粒径が2mm以下のもの。
○ テフラ記号 〜テフラ名につけた略記号。
テフラ記号 テフラ名
TPfl 箱根東京軽石に伴う軽石流堆積物
Hk-TP 箱根東京軽石層
Hk-MP 箱根三浦軽石層
SP 箱根三色旗軽石層
CCP-1 箱根中央火口丘第1軽石層
Hk-OP 箱根小原台軽石層
Kmp-1 吉沢中部軽石
On-Pm1 木曽御岳第一軽石層
TB-6 早田第一雲母軽石層
AT(姶良Tn火山灰) 姶良丹沢火山灰層
 
箱根東京軽石流堆積物顕微鏡写真 箱根東京軽石に伴う火砕流堆積物
箱根東京軽石に伴う軽石流堆積物(TPfl)(箱根町芦之湯)
TPとは東京パミス(軽石)という意味です。
flは、軽石流堆積物を表す記号です。
粒の大きさがあまり揃っていないことから、降下火山灰ではないことがわかります。
箱根火山の噴火(約6万年前)によって流れた火砕流の堆積物です。最も東は、川崎市まで到達しています。
箱根東京軽石 箱根東京軽石に含まれる主な鉱物
箱根東京軽石層(Hk-TP) (三浦市三崎町城ヶ島 馬の背)
Hkは箱根起源、TPは東京軽石を表すテフラ記号です。
神奈川県内最も広範囲で目立って観察することができます。
厚さは場所により異なりますが、藤沢では約40cm、大磯では2m以上にもなります。
石英はほとんど含まれていません。
箱根東京軽石に伴う軽石流堆積物(TPfl)の下に位置しています。
(参考「大磯丘陵の地質」平塚市博物館)
箱根三浦軽石 箱根三浦軽石に含まれる主な鉱物
箱根三浦軽石層(Hk-MP)(茅ヶ崎市赤羽根)
MPは三浦軽石を表すテフラ記号です。
粒が大きくしっかりしています。
6〜7万年前の火山噴出物です。
箱根東京軽石層よりも下に位置しています。
箱根三色旗軽石 箱根三色旗軽石に含まれる主な鉱物
箱根三色旗軽石層(SP)(藤沢市江の島)
箱根東京軽石層と箱根中央火口丘第1軽石層の間に位置しています。
岩ぺんや軽石も含まれています。
箱根中央火口丘第1軽石 箱根中央火口丘第1軽石に含まれる主な鉱物
箱根中央火口丘第1軽石層(CCP-1)(箱根芦之湯)
CCPは中央火口丘軽石を表すテフラ記号です。それらを下から順に番号をつけてあります。
箱根三色旗軽石層の上に位置します。
かんらん石は含まれていません。
箱根小原台軽石
箱根小原台軽石層(Hk-OP)(茅ヶ崎市立赤羽根中学校の西)
OPは小原台軽石を表すテフラ記号です。
岩片がやや多いです。
下末吉ローム層の最上部
吉沢中部軽石に含まれる主な鉱物
吉沢中部軽石(Kmp-1)(茅ヶ崎市赤羽根)
Kmpは吉沢ローム層の中部の軽石という意味です。
かんらん石、石英が少ないようです。
下末吉ローム層中に見られます。Pm-1の下に位置います。
木曽御岳第一軽石に含まれる主な鉱物
木曽御岳第一軽石層(On−Pm1)(秦野市九沢)
Onは木曽御岳起源、Pm1は第一軽石を表します。
およそ8万年前の火山噴出物です。
下末吉ローム層中に見られます。
OPの下、Kmpの上に位置します。
早田第一雲母軽石層(TB-6)(秦野市市木沢)
TBは多摩ローム層中部という意味です。
かんらん石はほとんど含まれていません。
下末吉ローム層の下部の早田ローム層中に見られます。
約24万年前の火山噴出物です。(参考:秦野盆地の地質)
姶良丹沢火山灰層  
姶良丹沢火山灰層(AT(姶良Tn火山灰))
ATはAiraのAとTanzawaを取ったテフラ記号です。
立川ローム層中に見られます。
約2万年前の火山噴出物です。
火山ガラスが多く含まれます。

地学のページに戻る / トップページに戻る